俺の淡い初体験の話を書きます。

まだ俺が中2の時の事。
同じマンションに綺麗なお姉さんが住んでた。

俺が小学生の時に引っ越してきてて、家庭がちょっと複雑なお姉さん。
両親と3人家族なんだけど、両親とも会社経営してたらしく共働き。
お父さんがあまり帰ってこなくて、高校生だったお姉さんは遊びまくりだったらしい。

同じマンションのお母さん連中の、かっこうの噂の餌食だった。
また違う彼氏を家に連れ込んでるとか、酔っ払って下で騒いでたとか。

俺が中2の時に大学生だったから、5~6つ上だったと思う。

同じマンションでも面識があるぐらいで特に会話するような関係じゃなかった。

6月のある日、俺は塾が終わって帰宅。確か22時ぐらいだったと思う。
チャリ置き場でチャリを停めてると、奥の方から

「ううう~ん・・・」
という呻き声を聞いた。

何かと思って恐る恐る奥の方に行ってみると、何とそこにはお姉さんが座ってた。

ヒラヒラしたミニスカートが捲りあがっていて、黒いパンティーが丸見え。
壁に寄り掛かりながら項垂れてる感じで座ってた。


何かあったのかと怖くなり、救急車呼ぼうか焦った。

「大丈夫ですか?」

近くによって声を掛けてみたが、お姉さんは無反応。
肩をユサユサ揺すって「大丈夫ですか?」と再度チャレンジ。
でも無反応。

この時分かったのは、思いっ切りお姉さんが酒臭い事。

オヤジが泥酔して帰ってくると同じニオイがしてたから、酒飲んでるのかって思った。

そのまま放置するのもどうかと思って、

「ちょっと・・・起きて下さい」
とチャレンジ。

何度目かの問い掛けに気が付いたお姉さんと会話にならない会話をして、お姉さんは帰ると言って立ち上がった。

でも完全に泥酔してるもんだから、フラフラしてチャリをなぎ倒したりする始末。

黒い下着に興奮してたし、年上のお姉さんを触る事にも興奮してたから、勇気を出して肩を貸してあげた。

初めて女の人の腰に手を回して、女特有の肉感を味わった。
イイ匂いがして、中2の俺には刺激的過ぎた。

お姉さんを家の前まで送ると、まず鍵が見あたらない。
バッグの中を探してようやく見つけ、俺は初めてお姉さんの家に入った。
うちとは違ってかなり豪華な家だった。

「ありがとぉ~」
と呂律の回らないお姉さんを、部屋まで連れて行った。

お姉さんは倒れるようにしてベッドにそのまま寝た。
黒い下着のお尻が丸見えで、誰も見てない状況だったから、俺は近くに行ってガン見した。

「6階に住む磯貝です。チャリ置き場で寝てたので、家まで送りました。鍵を開けておくのは不用心だと思ったので、下の郵便受けに入れておきます」

こんな手紙を書いて、一切何もせず俺は部屋を出た。

お姉さんとは生活リズムも違うようで、一度も顔をあわす事も無く過ごした。
お姉さんを送った事は誰にも言わず。

6月も終わろうとしていたある日、塾の帰り道のコンビニでお姉さんに出会った。

俺は立ち読みしてたんだけど、いきなり後ろから肩をポンポンと叩かれて。
子供だった俺はそれだけでかなり焦った記憶がある。店員に怒られるのかと。

「この前送ってくれたんだよね?」
「あぁ・・・はぁい・・・」

「何かありがとねぇ。記憶になかったんだけど、アタシ駐輪場で寝てたの?」
「奥の壁に寄り掛かって寝てましたよ」

「そっかぁ~。ホントありがと。タケシ君だっけ?磯貝さんとこの」
「はい・・・」

「アタシ、智恵ね。坂本智恵。何かお礼したいんだけど、欲しいものある?」
「いやぁ~別にイイですよ。」

「う~ん・・・御馳走するわけにもいかないしなぁ~・・・」
「ホント何もいらないですから」

俺はお姉さんと一緒にチャリを押しながら帰った。

その間もお姉さんは1人で喋り続け、俺にお礼をってずっと言ってた。
何度か塾の帰りにお姉さんとばったり会って、結構喋るようになってた。

7月に入ったある日、思い掛けないチャンスが舞い込んでくる。

法事で両親が出かけなきゃいけないという。
弟と妹は幼いから連れて行くが、俺は1日だけ留守番してくれって。

その話をお姉さんにしたら、じゃ~夕飯作ってあげるってなった。

当日俺はお姉さんに言われたように、こっそり19時に家に行った。
エプロン姿で迎えてくれたお姉さん。

お世辞にも料理は美味しいというわけでは無かった。
それでも俺はガツガツと全部平らげ、食後のコーヒーを飲んでた。

「タケシ君て彼女いるの?」
「そんなのいませんよ。勉強も忙しいし」

「そっかぁ~。まだ女の子知らないんだぁ~」
「ん・・・まぁ・・・」

「面白いの見せてあげよっか?ちょっと来て・・・」

そう言われ俺はコーヒーを持ったままお姉さんの部屋に付いて行った。

お姉さんはPCを開き、丸見えのエロ画像を見せてきた。
アソコを広げたアップの画像、首から下の全裸写真、アソコにチンコを突き刺さる画像。

「どう?こういうの見たことある?」
「まぁ~ネットではありますけど・・・」

心臓がバクバクしてた。しかもチンコも完璧に勃起してた。
隣のお姉さんのイイ匂いと卑猥な画像で。

「こらっ!」

画面に釘付けだった俺の無防備な股間を、いきなりお姉さんが握ってきた。

「うわっ!何するんですかっ!!」
「興奮しちゃってぇ~~っていうか、タケシ君のってデカくない?」

「へ?そうなんですか?」

ビビってて焦りまくりだったけど、淡い期待が俺にもあった。

お姉さんはその気持ちを知ってか知らずか、握ったままニタニタしてた。
そのニギニギだけで、俺はイキそうになってた。

「どう?気持ちイイ?」
「はい・・・」

「こっちの方が気持ちイイ?」

お姉さんはニギニギではなく、少しだけ上下にシゴき始めた。
俺はお姉さんと目を合わせる事も出来ず、「はい」としか言えなかった。
そんでほんの1分程度で、俺は我慢の限界に到達。

「やばっ!ちょっと待った!ちょっとマジで待って!!」

腰を引いて逃げようとしたけど、お姉さんは手を離さなかった。

それでそのまま俺はトランクスの中に放出。
お姉さんもそれにはビックリしたみたい。

「ゴメンね・・・洗う?」

とちょっと気まずい雰囲気になり、そのまま帰っても良いがシャワーを借りる事になった。

トランクスだけ汚れたので、シャワーを浴びながらトランクスをゴシゴシ洗ってた。

その時、突然お姉さんが全裸で登場。

俺は洗ってたトランクスでチンコを隠しつつ、お姉さんの裸体に釘付け。
お姉さんは身体を隠す事も無く、そのまま俺の方に近寄ってきた。
そこからは言葉も無く、ただただお姉さんが勝手に動いてきた。

まず近寄ってきて俺の目の前に立ち、顔を両手で挟まれた状態でキス。
チュッとされて、その後レロレロっと舌を入れられた。

当然その舌をどうして良いのかも分からず、俺の舌は硬直したまま。
お互い全裸だったから、お姉さんの乳首が胸にツンツン当たる。

全神経が口と胸にいったまま、俺は何も出来ず硬直してた。

お姉さんはニコッとしてしゃがみ、トランクスを手に取り、チンコを直接握ってきた。

硬直して仁王立ちの俺の前でしゃがみ、勃起したチンコをシコシコしだすお姉さん。
滑った感触があったから下を見ると、お姉さんがフェラを始めた。

もうその姿をガン見。
CカップかDカップのオッパイと、亀頭をペロペロ舐める姿。

緊張し過ぎて何も出来ない俺は、そのまま仁王立ちのままフェラされてた。
ジュポジュポとフェラが始まり、立ってられないほどの快感が走った。
多分プルプルしてたんだと思う。

「体拭いてあっち行こうか・・・」

お姉さんに体を拭いてもらって、全裸のままベッドへ移動した。

俺はお姉さんのなすがままで、ベッドに押し倒されまたフェラの再開。
移動してきて1度チンコが萎え、途中でもう一回なぜか萎えた。

それでもお姉さんのフェラしてる姿を見ると復活。
前戯なんて何もせず、ゴムを被せらて騎乗位で初体験。

「入れるよ?」

ただこの一言だけ。

入れてからのお姉さんは、上下に動いたり前後に動いたりしてた。
俺の手を持ち、胸を触るよう促されて、初めてオッパイを揉んだ。

乳首がコリコリになっていたのをハッキリ覚えてる。
腰も振れない俺は、ただ横になってるだけで、お姉さんが終始動いてくれてた。

だんだんお姉さんの動きが激しくなって、本気で喘ぎだして前に倒れてきた。
俺はお姉さんを抱き締め、ぎこちなく腰を振った。
キスをされ舌を捻じ込まれ、口の周りをベロベロ舐め回された。

「上になってみる?」

言われるがまま正常位になり、お姉さんがチンコを握って入れる補助をしてくれた。

今でも覚えているが、アソコはベチョベチョになっていて、白い液体が溢れてた。
俺のゴムをしているチンコにも、毛が生えている根元にも、白い液体がベットリついてたし。

ゆっくり腰を動かして、なんとか正常位での動きを覚えた。
入れるたび抜くたびに、腰の奥にもわぁ~っと気持ちの良い感覚が走った。

俺のチンコは根元まで入って無くて、奥まで入れようとするとお姉さんが拒んだ。

でも気持ち良くて興奮してきて、それを無視して奥まで入れて突きまくった。
お姉さんは奥まで突っ込むと、狂ったようにキスをしてきた。
下から抱き付かれ、腰に足を絡めて来たりしてた。

さっきイッたとはいえ、そう長続きもしなかった。
正常位をし始めて20分ぐらいだったか、俺はお姉さんに言った。

「もうだめ・・・ダメです・・・」
「イイよ・・・そのままイッても・・・イイよ・・・」

言われるがまま、俺は正常位でイッた。
今まで出した事もないぐらいの精子を出したと思う。
イッてる時は下からお姉さんに抱き締められてた。

ゴムを外され一緒にシャワーを浴び、コーヒーを飲んで帰宅した。

お姉さんは別にセックスの事は何も言わなかった。
俺も恥ずかしくて何も言えず、ほぼ二人して無言だった。

「もう帰らなきゃ・・・」
「うん、そうだね」

またエッチできるかどうか聞きたかったが、俺は何も言えずに靴をはいた。
多分態度に出てたんだと思う。

扉を開ける前にお姉さんに言われた。

「高校に受かったら、またご飯作ってあげるね」

受験なんてダルいなぁ~って思ってたけど、それでがぜんやる気が出た。
塾の帰りに何度がお姉さんと一緒に帰り、早くまたヤリたくて仕方が無かった。
でも俺が中3の夏休みに、知らないうちにお姉さんは引っ越していった。

知ったのは引っ越しをしてから1ヶ月後ぐらい。
最近お姉さんと会わないなぁ~と思っていたが、母親に言われて初めて知った。

両親が離婚して、お母さんと出て行ったらしい。
どこに引っ越したのかも分からず、俺は失恋した感じになってた。

10月になってダラダラと勉強してたある日、携帯に知らない着信があった。
シカトしてると伝言が入って、なんとお姉さんからの電話だった。

慌てて掛け直すとお姉さんが出て、渋谷区に引っ越したって言ってた。
勉強頑張ってる?と聞かれ、一応頑張ってますと答えた。

第一志望を聞かれ答えると

「そこに合格したらエッチしようね」
って言ってくれた。

またがぜんやる気になって、その日から俺は猛烈に勉強した。

可愛いもんで、その電話を信じ込んで俺は勉強してた。
2月になり受験が始まり、念願の高校に合格した。

合格発表の日、俺はお姉さんに電話した。

「現在使われておりません・・・」

何度もかけてみたが、お姉さんは番号を変えたらしい。

いつか電話があるかと思って番号も変えなかったけど、結局かかってこなかった。

俺の人生ではかなりプラスの出来事だったけど、あの時はかなりショックだった。
あのお姉さんのおかげで今の大学にも入れたんだろうけど。

奪われるような初体験だったけど、今でも俺の最高のシコりネタになってる。

今頃何をしてるか分からないけど、また会いたい気持ちは変わらないなぁ。