みんH  〜みんなのエッチ体験告白〜

不倫、浮気のエッチ体験、人妻とのセックス、禁断の近親相姦エッチ体験、アブノーマルなエロい体験など人には言えない本当にあったH体験談告白。

カテゴリ: レイプ体験

寿退社が決まって、今日で会社も終わりという日に、上司に犯されました。

退職の会を課の人たちがやってくれて、9時頃にお開きになったので、会社の引き出しの中に入れたままになっていた物を取りに帰りました。

すると、課長がいつの間にか入り口に立っていて、「恭子ちゃん、今日で終わりなのかあ、残念だー、うんうん」なんて、一人で頷いていました。
酔いが残っているようなしゃべり方でした。

「恭子ちゃん、何年目だっけ?」
「4年お世話になりました」

「そうか、4大卒だったから、26かあ。ちょうど一回り違うんだなあ」なんて言って近づいてきました。

思わず身を固くすると・・・。

「実は恭子ちゃん、僕のデスクから、恭子ちゃんの机の下が丸見えでね」
「えっ」

「パンツとかよく見えていたんだ」
「うそっ」

「ほんとさあ、昨日はピンクで、一昨日は、結構派手目の花柄だっただろ」

当たっているんです。
別に嫌いなタイプではないけれども、好きなタイプでもなかったので、なんか気持ち悪くなってしまいました。

すると、肩に手を掛けて「大丈夫?」なんて聞きながら、私をデスクの上に押し倒しました。

「やめて下さい、守衛さん来ますよ」
「守衛には、最上階からゆっくり回るように指示を出しておいたから、2時間ぐらいここにはこないよ。すごく張りのあるおっぱいなんだね、ダンナになる男が羨ましいよ」

「あ、ちょっと、なにするんですか」

ぐいと掴むと、ブラウス越しに乳首を揉み込んできます。

「お、硬くなっているんじゃない?」
「違います」

手を退けようとすると、スカートの中に手が・・・。

「いつもナマ足だったね」

そう言いながら、あの三角のところに手を伸ばして上からなぞられました。

「なにするんですか?」

抵抗したんですけど、ナマ足なので、すぐにパンティの脇から指をくぐらされて、直に触られました。
クリを絶妙な力で揉み込んでくるので、思わず「あっ」なんて声を出してしまったのが、よくありませんでした。

課長はますます興奮してしまって、ファスナーを開けて、出したんです。
課長自身を。

(すごい。太くて反り返っている・・・。)

彼のが可愛く思えてしまうほどです。

血管が浮き出て、黒く、何人の女が貫かれたんだろうって、思わず思ってしまいました。
すぐにうつ伏せにされて、お尻の上からパンティをくるくる抜かれ、逆Vの字に脚を開かされて貫かれました。

“ぬっぷぬっぷ”というような厭らしい音が立って、生々しい匂いが立ちこめてきます。

犯されているのに、婚約者でもないのに、先が、子宮のクチをくすぐりながら激しく出し入れされて、もういってしまいました。
課長自身の先っぽが、子宮のクチをちょっとくぐったかと思うと、凄い勢いで射精されました。
子宮全体がその熱いものを悦んで受け入れるかのように痙攣しています。
そのあと、もう2回中出しされました。

明日結婚式なんですが、「翌日、会おう」って言われています。

もう婚約者の太さでは満足できない体にさせられているんです。


それは私たち夫妻が、学生時代の友人の結婚式に招かれた日のことでした。

私と妻は学生時代から付き合っており、関係をオープンにしていましたので、私の大学の友人たちは皆、彼女を知っており、また妻の気さくな性格もあってお互いに共通の友人も多く、よく結婚式には共に招かれます。
特に今回は新婦も妻の友人の1人で、妻はスピーチを頼まれて緊張しきっていました。
無事に話を終えてほっとしたのか、2次会・3次会と続く中に、妻はかなり酔っぱらってしまったようです。
子供も既に妻の親元へ預け、子守から解き放された開放感も手伝って、ついつい二人とも飲めや歌えやの大騒ぎになってしまいました。

乗りに乗った私たちの集団は、いい年して遂に4次会にまでなだれ込んでしまいました。

店は学生時代からの馴染みのスナックで、私たちのグループの他にも常連らしい二人連れの中年組がいました。
やがて、夜中もいいかげん3時くらいになって、ママさんが店を閉めて帰る時間となり、同じ方向の友人も数名、便乗して一緒に帰ることになりました。
まだ飲み足りない始発待ちの私たち夫婦と友人1名、それに中年の二人連れが店の鍵を預かって残ることになりました。
このスナックでは始発待ちの常連に鍵を預けることがよくあるのです。
もっとも、もちろん夕方までにちゃんとママさんのところへ返しに行くというルールがあってのことですが・・・。

やがて妻は久々のどんちゃん騒ぎに疲れて、私に体を預けるようにして眠ってしまいました。
中年の二人連れもカウンターで座ったままの格好で寝てしまい、私と友人もさすがに眠たくなってきました。
妻は完全に寝込んでしまっていたので、ソファに横たえて上着をかけてやりました。
私と友人も他のソファにそれぞれ場所を確保して横たわると、疲れがいっぺんにやってきて二人ともすぐに眠ってしまいました。

それから1時間ほど眠ったのでしょうか。
ふと目を覚まして寝転んだまま辺りを見渡すと、寝息だけが聞こえてくる静かな店内に微かな動きを感じました。

何と中年の一人が妻の寝ているソファの横にうずくまって何かごそごそしているのです。

もう一人はカウンターからずり落ちそうな格好で眠りこけていました。
その中年男が何をしているのかと目を凝らしてみると、彼は妻のスカートを捲って、妻の股間を触っていました。

一瞬、すぐに立ち上がってやめさせようとも思いましたが、同時に妙な興奮にも包まれました。
そういえば、その中年男はカラオケを歌っている妻のほうをチラチラと厭らしい目で見ていたように思われます。
後から思い出してみると、妻の豊満な胸や腰の辺りを舐め回すような厭らしい目つきだったような気もします。

どうしようかと迷っているうちに、私の気持ちの中で『もう少し見ていたい』という悪魔のような囁きが聞こえてきました。

そうでなくとも妻は一度寝込むとぐっすりと寝てしまうタイプの上、今日は大量のお酒に酔っぱらって眠ってしまったこともあって、どうやら男の手が大胆に大きめの乳房を揉みだしても、身じろぎ一つもしないくらい深く眠っているようでした。
私の位置から見ると、妻の頭の方から斜めに見下ろす形になるので気付くのが遅れたのですが、よくよく見ると妻のパンストとショーツはすっかりズリ下げられ、ショーツなど右足の足首にぶら下がっているだけです。
ブラウスのボタンもお腹の辺りまで外されており、露わになった乳首を男が舐めしゃぶっています。
どうやら男は初めから寝たふりをしていただけで、一番初めに寝てしまった妻を見た時からこういう事態を狙っていたのかもしれません。
恐らく、皆の様子を見ながら時間をかけて徐々に行動を進めていったのでしょう。

全員が完全に寝込んでいることを確信しているらしく、中年男の行動はかなり大胆です。
片方の手はブラジャーをずらすようにしながら妻の乳房を直接触っているし、股間のほうの手は股下に潜り込んでいました。
手の動きから妻の膣の中へ指を差し入れて触りまくっていることが容易に想像できました。

眠っている妻の股間は、意識がないのに反射的に濡れてきているのか、静まり返った店の中に、やがてピチャピチャという音が聞こえ出しました。
その男は時々、思い出したように周りの様子を確認しながら、ブラジャーから妻の乳首を引っ張り出すようにしながら舐めてみたり、すっかりパンティを下ろしてしまって、妻のオマンコを眺めたり匂いを嗅いだりもしていました。
私が目が覚めてから10分くらいは続いたでしょうか。
私はそんな光景をじっと見つめながら、興奮に震えながらついオナニーをしてしまったのです。
異様に興奮したまま続けていたので、チンポが痛くなってきたほどでした。

中年男も我慢ができなくなったらしく、途中から大きく勃起した自分のチンポを引っぱり出しました。
なかなかに雄大な一物です。
残念ながら私のものよりも一回り大きかったかもしれません。

そして男は、最後に私の方に目をやって眠っているのを確認すると、なんと生のままその隆々たる怒張を正常位で妻に突き入れていったのです。

いつも妻のもので広げられ慣れている妻の淫裂は、つるんとそれを飲み込んでしまいました。

「ん、ん、ん・・・」

流石に妻は目を覚ましかけたようでしたが、まだ寝ぼけているのか、私だと思って男の腰に両手を回すようにします。

男はニヤリと笑うと、妻の大きめの乳房を揉みしだくようにして乳首を舐めしゃぶりながら、悠々と輸送を始めました。

「うん、うん、うん・・・」

まだ半分寝ぼけながらも、妻の声に甘いものが混じり始めました。
私に自宅で抱かれている夢でも見ているのでしょうか??

(違う!!そいつは俺じゃない!!)

私は心の中で叫びながら、何故か声を上げずにじっとしていました。

私の心の叫びが聞こえたのでしょうか?
ついに妻が目を覚ましました。

「うん、うん、あなた・・・え、ええ~~・・」

喜びにおぼれて縋り付こうとした途端に見知らぬ男性に貫かれている自分に気が付いたようです。

「んぐう・・!・・」

男が慌てて妻の口を塞ぎます。

「しっ、旦那が目を覚ますよ・・・」

二人の目がこちらを向きます。
私は何故か咄嗟に眠ったふりをしました。

「んぐう~~っ!!」
「へへへ、濡れ濡れで俺の一物を喰いしめて、喘ぎまくってる淫乱なあんたの姿を見たら・・真面目なあんたの旦那はどう思うかなあ・・・」

そんなことを言いながら、妻の唇を奪いました。

「むぐう・・・」

ところが、大きいモノにはやはりそれなりの威力が伴うものなのでしょうか?
なんと、妻の腕が男の背中に廻されました。
お尻を持ち上げるように男のものを迎え入れるようにしています。

男も興奮しすぎたのか?

「うっ・・・」と言うと、びくびくっとしました。

はじめからそのつもりだったのでしょう・・完全なる中出しです。

(なんてことだ・・・。)

男は引き抜くと、まだ大きさを残すものをぶらぶらさせながら、妻の前に立ちました。
妻は黙ってしゃぶり始めます。

「へへ・・気に入ったか?」

完全にモノにされた妻を見ていた僕は、妻の足下にもう一つの影が近づいているのに気づきました。

「あれ、先を越されちゃったか?」

そう、そういえば、中年男は二人組だったのです。
ザーメンがだらだらと流れているところに近づいたもう一人の男は、無造作に逸物を挿入しました。

「むぐぐうっ・・・」
「おっとお、歯を立てるなよ」

しゃぶらしていた男は、妻の髪を鷲掴みにして、強引に前後させます。

髪を振り乱し、目は虚ろ、首を振りながら、もう一人の極太を舐めしゃぶろうとします。
涎が垂れてくるのも気にならないようです。

(きれい好きの妻が?)

咥えきれないような大きさを口に含みながら。
聞いたことのない様なよがり声をあげています。
声なんて出さない女なのかと思っていました。
私が間違っていたようです。

私に足りなかったのは、テク?大きさ?回数?
そしてもう一本の極太?

これに、僅かなお酒が加わった時・・・見たこともないような淫乱女に変身する妻だったのです。
全く気がつきませんでした。

結婚前から計算すれば、付き合いも長いはずなのですが・・・。
上の口からも下の口からもダラダラと涎を垂らして、チンポを自ら欲しがるような女だったなんて!

いい気持ちで眠り込んだ妻は性器もアルコールの作用でたっぷりと充血していたのでしょう。

そこに、中年のねちっこいようなテクでの入念な愛撫!
太股まで濡れきってしまっても仕方のないことでしょう。

処女ではありませんでしたが、チンポの味わいというモノを十二分に熟れすぎる位に熟れきった妻の身体に仕込むにあたっては、僕にも責任の一端くらいはあるかも知れません。

もう出っ張ってるモノなら何でも良いから入れて欲しいくらいに高められてしまった熟れきって充血した女体に、あの、男が見ても惚れ惚れとするような隆々たる極太で、一気にトドメの一撃!

はじめは「僕が太くなった?」という誤解で腰を降り始めた妻かも知れませんが、事実を認識した後でも、太すぎる現実を受け入れてしまって、走り出した快感に止めどもなくなってしまったモノでしょうか?

捻るような動きでの大きな妻のお尻の振り上げ方は、見ていて生唾物としか言い様がありません。

子宮の奥まで禁断の中出しでトドメを刺され、まだその快感に浮遊しているうちに、もう一本の極太がねじ込まれてしまったら・・・。
もう、どうにでもして?という状態で更なる高みへ走り始めた、妻の味を知った肉体を、責めるわけにはいかないじゃないですか?

それにしても、よがり狂う妻を相手に、朝までに二発ずつ注ぎ込んだ中年男たちも、その尋常でない太さと併せて「性豪」の名に値するかも知れません。

どっかのHPで、「性豪」という表現を見て思い出しました。

その「性豪」の中年男たちが、「へ、またしたくなったら来な・・」と、言い捨てて言ったのを私は知っていました。

『・・・ちょっと遅くなるかも・・・』

妻のメモの一部が目に焼き付きます。

『結婚式で久しぶりにあったM美と約束しちゃったの・・ちょっと遅くなるかもしれないけど心配しないでね?』

似たような書き置きがあったことは前にもありました。
でも今晩は違うことは、実は僕は知っていたのです。

「お酒を飲むと感じやすくなる」

そんな話をした女性を、私は妻の他にも知っていました。
きっとホントのことなのかもしれません。

アルコールで感じやすい状態で、慣れきった中年男二人に妻が愛撫されているのを、私は目撃してしまっていたのでした。
練りに錬った中年テクに妻がどのように反応するのかを思い知りました。

よがり狂う?・・・なんていう言葉は小説だけだと思っていましたが、自分の妻の姿でそれを知ることになろうとは。

しかも、妻をよがらしているのは、私のモノではなく、見知らぬ中年男たちの極太なのです。


私は、高校生の頃から6年間付き合った人と結婚しました。
現在25歳ですが、23歳で結婚しました。子供はまだです。

私は、主人以外とエッチしたことないまま結婚しましたが、主人は、私が他の人とエッチする事を想像して一人でエッチするのが好きなようでした。そのため、私に誰か他の人を想像させて一人エッチさせてそれを見てシコシコしたり、エッチの最中に、

「他の人のオチンチンも入れてみたいんだろ?」

と言ってきて、私に『エッチしてみたい人』を聞いたりしてきました。私も、他の人とのエッチは興味ありましたし、エッチの最中に主人が冷めるようなことを言うのも嫌なので、あまり否定せずにいました。

そんなある日、主人が珍しく上司Aさんを連れて来ました。最初は緊張しましたが、3人で私の作ったご飯を食べたり、お酒を飲んだりして、Aさんが泊まって帰るのが何回か続き、だんだんAさんとも仲良くなりました。ちなみに、40才前後のAさんは、バツイチです。数か月経ち、Aさんが3週間に1回泊まりに来るのが当たり前になりました。

私も油断していました。Aさんが来ている日、私は先に寝てしまいました。

…息苦しさで目を開けると、Aさんが私の口をタオルか何かで縛り、私は手錠をかけられていました。

すごい抵抗しましたが、手を手錠で止められ、その手錠をベットの上に固定され、口はふさがれ、両足を両手でそれぞれ押さえられたら、女の私の力ではどうもできませんでした。

Aさんは、黙って私のTシャツをめくり、オッパイにむしゃぶりつきました。

怖さと、嫌悪感で震えが止まりませんでした。主人を探しましたが、主人はその部屋にはいません。

大声を「うーうー」と上げましたが、届かないのか、来てくれませんでした。

Aさんの方は、好き勝手に舐め、
「良いオッパイしているよねぇ?ずっと舐めたかったよ」
と気持ち悪い事を言いながら、舐めています。

「こんなに乳首をビンビンにして…気持ちいいのかい?」
「アソコの方もビチャビチャかな?」

などと言い、下半身を裸にされました。この辺りで、『レイプされる』という恐怖が一段と襲ってきて涙が出てきました。Aさんは興奮した面持ちで、アソコに顔を埋め、クンクンとしています。

「いい匂いだ。オシッコの匂いがするよ?」とか
「舐めてほしいかい?」と言ってアソコのビラビラをいじったり、クンクン鼻を鳴らしていました。

私は、ガクガクと首を横に振りながら、
「んーんー!」と叫びましたが、無意味でした。

Aさんは、指をアソコに入れ、一番感じるところを舌で執拗に責めてきます。主人にやられると一番気持ち良い舐め方でしたが、嫌悪感で吐きそうになりました。

数分舐められました。ハッキリ言って、身体の反応はいつもの主人と同じく濡れてしまい、声も少し出てしまいました。それに気を良くしたのか、Aさんはいそいそと下を脱ぎ、私のアソコにギンギンに立ったオチンチンを当てると、乱暴に入れてきました。

主人のとは違って、固さはなかったのですが、明らかに主人より大きくて太く、アソコはいっぱいになってしまったような感覚で、苦しくなりました。「うう…うう…」と泣いていましたが、構わずAさんは腰を動かし始めます。

何分くらい続いたか、わかりませんが、とにかく苦痛でした。しばらくして、Aさんがお腹に出しました。

そして「どうでしたか?」私は信じられない光景を目にしました。主人が普通に入ってきたからです。すると、

「よかったよ。君も一発やってくれ。私はその後またする」
「わかりました。ごめんね~あさみ。でも、したかったろ?」

と言ってきました。

離婚しようと思いました。しかも、その後主人にも犯されました。主人は中に出しました。

口は外されましたが、叫んでもむなしいので我慢しました。そしてそこから2人交互に何度もエッチしました。

でも、Aさんと主人合わせて6回くらいイッていた私は、次にAさんに挿入されただけでイキそうになり、
「んんん!」とエッチく声を出したことで、何かが壊れてしまいました。その時の感情は今でも忘れられません。

何かいけない事をしているのに、それがたまらなく興奮するし、何よりAさんのオチンチンは主人より良く、それでもう一度突いてほしい、という身体の正直な気持ちが私の中に生まれていたからです。

私は、頭ではこんな2人は殺したいし、怖いし、嫌でした。でも、アソコから伝わる感覚は…私は、気付いたらAさんの上で腰を振っていました。

主人の言葉に「うるさい!」と言い、ひたすらアソコから込みあがってくる快感に身を委ねていました。

結局、それを機に主人は信用できなくなり、離婚しましたが、実はAさんとはいまだにエッチしています。

正直自分でも謎です。嫌だったはずだし、今でもなんでかわかりませんが、あの体験が忘れられません。

みなさんのレイプって、やっぱり嫌になってしまうものなのでしょうか?

学生の頃の話。
そのとき一年くらい付き合ってた女(ミオ)に
突然別れを切り出された。
なんだかんだ理由を言われ
嫌いになったわけじゃなく
好きな人ができたわけでもないが
今は誰とも付き合いたくないみたいな事を言われた。
オレはかなりその子が気に入ってたので
いつかまた付き合えるだろうと思い
友達になろうといって別れた。続きを読む

やっと整理が付いてきて吐き出したくなったからだらだら書く。

私、♀
身長体重顔面ごく標準、セミロング、真面目だとよく言われる。
まあ親や教師や上司に反抗する気力がなかっただけ。
ごく普通に大学まで進学してそれなりの中堅会社に就職。

A男 ♂、身長180、ちょいガリくらい

B男 ♂、身長165くらい?背は低いけど筋肉質。腹筋とか割れてる。

C子 ♀、身長低め細身。細いっていうかちっちゃいって感じでいわゆるモテるタイプ。かわいい。
 
 
学生時代はまったく関係ないので省く。

業績も仕事内容も実にお堅い会社に無事に就職が決まり、
配属先が新宿だったので、実家から通えなくもないが遠いので一人暮らしスタート。
今思えば一番のんきであった頃。
続きを読む

↑このページのトップヘ