みんH  〜みんなのエッチ体験告白〜

不倫、浮気のエッチ体験、人妻とのセックス、禁断の近親相姦エッチ体験、アブノーマルなエロい体験など人には言えない本当にあったH体験談告白。

カテゴリ: 人妻とのエッチ体験

三年前に久しぶりに早めに仕事が終わったので、

一人で居酒屋で飲んでいると、女の子が一人で入ってきた。

飲みに来たのではなく、車がパンクして動けないと。

居酒屋の店内はまだ5時過ぎで客は俺だけ

飲み始めたばっかりで、酔いも回ってなかったので、

俺はしかたがなくタイヤを交換してあげて、

ガソリンスタンドでも行ってパンクを直すように言ってあげた

お礼は??と聞かれたので、

これが俺の車だから、

この店の前に止まっているとき、

いつでもいいから一緒に飲もうと言っておいた。
続きを読む

俺は某独立系ソフト会社のSEです。現在32歳、独身。問題の後輩H雄は、専門学校卒で3年前に入社してきました。入社から同じプロジェクトに部下として配属され、去年の春それも一段落しました。ずっと一緒に仕事をしてきたこともあり、年齢は8歳も離れていますが、H雄は大変俺を慕ってくれ、よく飲みに行って愚痴を言ったり、一緒に遊びに行ったりする仲間でした。
続きを読む

33で既婚男です。
小遣い制な為、エロに使える金にも限度がある。

出会い系やmixi・モバゲーなど一通り荒らしてたけど、いろいろ規制が多くなってきてからはトーンダウン。
そんな中、時代が一回りして再び2ショットが熱くなっている気がする今日この頃。ターゲットは退屈で時間と身体をもてあます若妻と頭の弱いJK。

狙い目は昼下がりかな。どちらも基本は希望ばかりだが、希はサクラが少ない所がミソ。

さらに欲求不満なのに即H希望とは言いにくい若妻やヤリマンじゃなくてもお金欲しさに頭は弱くても顔は可愛いJKが只の出会いよりも比較的多い。

彼氏付きも結構いるし。当然サクラはすっ飛ばし、話が長そうなのもスルー。女の子は大体近場のセンターへCallするだろうし、車でウロウロしながら(もちろんイヤフォンマイクは忘れずに。)
【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました



相手を探すと、何気に近場の女と繋がりやすい。ってか、移動が出来る。軽く世間話しながら(ここではなるべくエロさわやかに)移動し近場にいる事を伝え、を匂わしとりあえず会ってみようって事にする。

女の子は一応希なんで会うトコは苦労しない。番号交換し、話ながら待ち合わせ場所に行って車に乗せれば合体確定!!

気に入らなければそのまま車でスルーすりゃいい。とりあえず車に乗せたら気配りのトーク。相手に安心感を与える。

特に人妻などはここを怠るとその後がスムーズに行かなかったりする。プライベートな話を振ったり、どちらも秘密厳守である事を強調し、秘密の共有間を計る。

JKなどはそこまでしなくてもいいから楽なんだけどね。後は褒めちぎる。楽しませる。

エロ全面に押し出し距離感を無理やり近づける。 ここまで来て抵抗感を持つ相手はまずいない。

既婚であることは伝えてあるから、嫁とは全くレスである事・それ以外でもご無沙汰である事・でもいいがセフレを希望している事を話す。

どちらにせよエロをするんだから軽くボディタッチを開始。我がいきり勃った愚息を強調し、行けるならタッチさせるトコまで持って行く。

俺の場合、ここからが本番。一旦間を取って車を出し、移動しながら普通に話す。一番肝心な伏線は『種無し』であるって事。

昔に40度位の熱を出した。子供が出来ず、嫁は不妊治療を受けていたが原因は俺にあった。診断書も持ってる。その為今はレスである。などともっともらしい事を努めて明るく話す。軽く同情でも曳けたら種蒔きは完了。

当然…嘘だ。後は車でもいいし、ホテルなりカラオケなりアミューズメントのトイレなり好きな所に連れ込めばOK!!

相当打ち解けていれば若妻の夫婦寝室で…なんて事も☆まぁ、ごく稀の話だが。ホテルへ行った場合、必ず始めに一緒に風呂に入る。

モチロン身体を洗ってあげる。ソープの匂いが余り付かない様になどと配慮を見せつけたりしながら身体中を攻撃開始。

ここでも気配りは必須。プチ恋人気分を味わわせる為だ。一通り触って、気持ちと体をほぐしたら相手にペッティングを依頼。

フェラしてもらったり巨乳ちゃんが相手ならパイズリもいい。ここでは心理戦で言葉では甘えながら、目線は常に自分が上から。相手の奉仕心を煽るのが目的。半ば恋人気分になっていれば大概の要求は通る。

そして、何とか浴室での挿入を試みる。最悪脱衣所までにはなんとか強引にハメる。

目的は当然生挿入の既成事実を作る事。また、浴室や洗面台には大きな鏡があるから相手の羞恥心を煽るのにも最適!!言葉攻めで煽りに煽って相手の口からも淫語を言わせたりして。

その後はベッドに行き、思う存分ハメ倒してやればいい。

俺の場合はもう一度ペッティングからやりなおすけどね。先に相手に奉仕をさせたり、させながら自分で触らせたりと十分楽しんだ後、目隠しをして昂ぶりっぱなしの体を弄繰り回す。

一度生挿入を許しているし、淫語を言わされてるもんだから、この辺りでは既に従順に。

そしてデジカメ登場。「撮るよ~」と言いながらパシャリと1枚。最初は「えっ?」とか言いながら焦るけど「目隠ししているから大丈夫。」とか言いながら攻めるといい。

もしあるならムービーも廻したり、携帯で動画を撮るのもいいね^^目隠ししながらだと、シャッター音も興奮剤になるみたい。

そして、いよいよ挿入。ここまで着たら改めてゴムを要求する娘はいないから、当然のように生挿入!!正常位から初め、座位に持っていき舌を絡めあう。

この頃には目隠しを取ってOK。バックの時にはカメラの真正面に相手の顔が来る様にしたほうがいい。勝手に必要以上に喘ぐから。

これにて完全にハメ撮りまで容認。後はフィニッシュに向けてラストスパート!!

正常位か座位に戻し、顔を近づけたり舌を絡めたりしながら会話。この時こそ最初の種蒔きが実を結ぶ時!!我が野望の結実へ!!なんてな。んで、腰を振りながら

「気持ちいい?」
「気持ちいいです」
「旦那より?」
「あぁん…こっちの方がいい」
「俺のチンポ好き?」
「好きぃ…このチンポがいい!!」

「今日会ったばかりのこのチンポでいっちゃうの?」
「このチンポでイキたい…イッちゃう!!」
「俺もイキそうだよ。」
「やぁん、まだダメ!! 」
「イッちゃうよ!!どこに出す?」
「ど…どこでもいいから」

「どこに出して欲しい?」
「中に…中にだしてぇ!!
相手は俺を種無しだと思っているから中出し容認。

「何の中?」
「お…おまんこの中」
「何を。?」
「…せーえき!!おまんこの中、せーえきで一杯にしてぇ!!」
「赤ちゃんデキちゃうよ?いいの?」
今まで散々言葉攻めを繰り返してるからか、大概これもプレーの一環と思うみたいだ。

「いいの…いいの…赤ちゃん欲しい。」
相手も乗ってきた。
「俺の赤ちゃん欲しいの?産んでくれるの?」
「欲しいの…あたしが産んであげる!!」
「旦那がいるのに会ったばかりの奴のチンポにイカされて、赤ちゃんが欲しいの?悪い奥さんだね。旦那に謝らないと。」

「あぁ…欲しいの…アナタ…いけない人妻でごめんなさい。あったばかりのチンポでイッちゃってごめんなさい!!」

そうこうしながら、人妻のち膣内奥深くに大量に射精。相手に中出しされている事を意識付ける為にも、チンポをピクピクさせる。その後繋がったままで密着。

よく、「本当に無精子なんだよね?」と聞かれたりするが、「本当にホント。今日は持って来てないけど、また今度見せるよ。」てな感じで言えば大丈夫。

まだムービーは撮影中なので、しらふ状態でのイケない発言を誘発しておく。可能ならそのまま2回戦に突入!!お掃除フェラは必須かな。

会話は妄想炸裂だが、会話の流れは大体こんな感じ^^好きに進めればいいよ。

こんな感じで種付け完了。

より着床の確立を高める為にまた会う約束をする。2回目は近日中に長時間空けれる日を指定し、予め金玉袋一杯に精子を貯めておく事をお勧めする!!…

後、パソコンとかで、それっぽい偽の診断書を作成しておかないと。
お約束は、2回種蒔きしたら着拒してドロンする事!! でやるならお金を渡せばいいし、セフレに出来そうなら経費もそんなにかからない。

上手くやれば、おバカ娘や人妻に簡単に中出し出来る方法です!!種付けにカタルシスを感じる方は是非2回目まで遂行してね。 

某SNSにて友達になった主婦26歳とのこと。

メール交換電話番号交換と順調に仲良くなったので早速逢うことに。

旦那がたまたま年に一度くらいの出張中で羽を伸ばしたいというので、60キロほどの距離を高速を飛ばしてやってきました彼女の自宅の近くです。

ここまで来てドタキャンの想像もしていたのでおそるおそる・・・

「着いたよ!」

と電話で伝えるとやってきました、ロングヘアーでキュートなミニスカートにブーツの女性が!

赤ちゃんを抱いて!!
 
 
この時点で普通ならテンションが下がりそうですが、私には想定内の出来事でした。

早速彼女と赤ちゃんを車に乗せて近くの公園の駐車場に行きました。

他にも車が停まっていて人の気配もあります。

気にしませんけどね。


簡単に自己紹介を済ませて赤ちゃんをいたわる感じで彼女の座っているシートを優しく斜めにしてあげました。

抱っこしたまま赤ちゃんを寝かしたので、彼女の横に座って話しながら話を下ねたにもって行ってみたら意外にも反応が良いので早速行動開始です。

まずは奇麗な髪やヘアースタイルを褒めて奇麗だね~♪を連発!!

気分が良くなってきたところで髪をかきあげながら耳の下半身のつぼをつまんでみたら

「耳は弱いの!感じちゃう~♪」

とかな~り感度が良いことが判明!!^^

ここぞとばかり赤ちゃんを抱いて動けない彼女に耳の性感帯を攻撃しまくりました。

自分の経験上これくらい感じてくればあそこはヌレヌレに違いないと確信して思い切ってミニのスカートの中に手を滑らせました。

なんと生足です。

見た目のスレンダーさと違う印象の太ももの内側のむちむち感が最高です!!

取りあえずあそこをパンティーの上からクリちゃんをいじめるべく触りまくりです!

パンティーの上からでも分かるいやらしく湿った感触が指にも伝わってきます。

彼女は赤ちゃんを抱いたまま耳とあそこの愛撫で目もうつろで声がいやらしくエロエロになってきます。

パンティーを少しずらそうとしたら腰を浮かして協力的な彼女に感激して、思い切って全部脱がしてあげました。

ブーツも脱がしてオマタ全開です!

赤ちゃんはまだ寝たままですが彼女の声で赤ちゃんがいつ起きても不思議じゃないくらいに彼女は喘いでます。

足を開いて腰を自分の方に引き寄せると薄明かりに光って見えてるお○○こがびちょびちょです。

普段は女の人のあそこを舐めたりはしない俺ですが今日はなんだか違ってました。

興奮が高まるにつれて彼女のキュートな可愛さと赤ちゃんを抱く母の優しさとあそこをいじめられて我慢出来なってる女の部分が愛おしくなって、思いっきりしゃぶり着いてしまいました!

彼女のあそこはほとんど匂いが無く、うっすらとお風呂上がりのほのかな石けんの香りがしていました。

心の底からあそこを舐めて「美味しい!!」と初めて思えました。

彼女の感じる声がだんだん大きくなってきているようで、赤ちゃんが少しぐずり始めました。

赤ちゃんが起きちゃったら気持ちが冷めて合体出来なくなってはいけないので、早速自分もジーンズを脱いで下半身裸になりました。

なんだか興奮しすぎて中学生の様にギンギンです。(笑)

さらに自分の方に彼女の腰を引き寄せ、赤ちゃんを二人がサンドイッチにするように抱き合いながらキスしました。

彼女が狂おしいほどの悶え様なので、ためらうこと無く自分の性器を彼女の濡れた性器の中に突っ込みました。

濡れたあそこは意外にも締まりが良く、途中に狭い部分があったのでさらに俺のあそこも更なる快感にこれ以上に無いほど大きくなってました。

奥まで一気に突き回されてあそこに快感が走った彼女は、赤ちゃんを振り落としそうに悶え始めました。

耳の愛撫に濃厚なキスに合体しているあそこにおっぱいまでいじめられて気が狂いそうになっている彼女は足を俺の腰に廻しました。

腰を振ってずんずん突きながら子宮のこりっとした部分に先っぽを当て快感に酔いしれていると、もうそろそろって感じで射精感が近づいて来ました。

彼女から生理の時期も避妊状態も聞いてないので…。

このままで中出しはまずいよなーって理性が働いて射精の瞬間に抜いて外に出そうと思ったのですが、腰に廻された彼女の足と赤ちゃんをサンドイッチにした体制で赤ちゃんを潰さないように支えていた腕の疲労で全く腰を引けないまま思いっきり中で精子が出ちゃいました。

出ちゃったらしょうがない!せっかくなのでさっきこりこり当たって気持ち良かった子宮の入り口を探して残りの精子を子宮の中に届けようとドクドク出しました。

自分の人生の中で今までに無かった最高にエロティックで背徳の凄い快感が体中に走りました。

射精の瞬間彼女は足を絡め俺の腰を引き寄せるように射精を受け止めていました。

たぶんあの凄い快感は彼女にも走ったんだと思います。

中出しした後も体制が立て直せないのでずーっとそのままで奥に突き立てたまま彼女の耳元に話しかけました。

「中に出しちゃったけどごめんね。あまりにも気持ち良くて抜くのが間に合わなかったよ!」

と囁くと、快感の余韻を肩の動きや息づかいに残しながら

「ああ~ん赤ちゃん出来るかも…。」

とつぶやき涙ぐみ始めました。

抱き締めながらあそこを引き抜くと、信じられないくらいの大量の精子が溢れてます。

腰を引き寄せていたせいで溢れた後にあそこが自然にぱくっと開き、薄明かりの中で中に溜まった精子が彼女の膣口から子宮まで満タンになってたぷたぷしながら潮が満ち引きしている様に見えてます。

最高です!!一生忘れられない光景です。

赤ちゃんがぐずったり静かになったりでハラハラしてましたが、結局セックスの邪魔になることはほとんどありませんでした。

赤ちゃんを抱いてて彼女の体の自由度が少なかった分、かえって事がスムーズだった気さえします。

彼女は小さい声で

「もし妊娠してたらお願いします。」

と言って涙ぐんだままあまり話してくれなくなり、家の近くに送るとそのまま車を降りて別れました。

すごい罪悪感ありますね、友人とは学生時代からの付き合いで、家族ぐるみの付き合いしてましたから、友人と会うとまともに顔見れませんでしたよ。


奥さん(舞31才)とエッチしたのは、偶然でたまたま会社の飲み会で出たときに、2次会でクラブへ行くと、クラス会だという舞ちゃんが来てて

「かずさん(俺)久しぶり!偶然ね」

「舞ちゃんも来てたの?」

「うん、高校のクラス会なんだ、旦那にチビ見ててもらって久しぶりの息抜き」

「俺は会社の飲み会のながれ」

「そうなんだ、また後で」とその場は別れた。


帰り際、入り口付近で友達に抱えられてベロベロの舞ちゃんがいた。


舞の友達が「この子酔っちゃってて、誰が送るか相談してたの」と少し困り気味な顔して言うので、俺は仕方ないかなと思い

「じゃ、俺が送りますから心配しないで」と言うと、助かったて顔して「じゃあお願いします」と舞を置いてさっさと行ってしまった。

           俺は同僚ともそこで別れ、さてタクシーでも拾おうと舞を抱き抱えて出ようとすると、

舞が「誰あんた?わたしをどうする気よヒック、レイプでもヒックする気?」

「舞ちゃん俺だよ、しっかりしてよ」

「う、誰?アッかずさんだ、良かった!」といきなり俺に抱きついて来た。


俺は困った人はジロジロ見てるし、若い奴らには冷やかされるし、取り合えず抱えて歩き始めた、何となく手が舞の胸を抱えてオッパイをつかむ格好になり、舞のオッパイがムニュと手のひらに感じると、舞が「ウンッ」とか言って肩に頭乗せて来て、




「かずさん二人だけの秘密作らない?」「エッ!」「今夜だけのひ・み・つ」俺は急速に下腹部に血が集中していくのがわかった。

「旦那に悪いだろう?友達を裏切れないよ」

「いいの、あの人もたまに浮気してるし」事実あいつから聞いたことはあった。


舞も酔いが少し醒めたようだったが、かわらず腕にしがみ付き顔を胸に埋めてくる、俺はたまらずタクシーに乗せホテル街に向かった。

  
【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました

         ホテルへ入り絡むように抱き合いながらベッドへ倒れこむ、唇を貪り舌を絡め唾液をすすり合った。


舞の口から溜息とともに

「アァッ、かずさん、前から好きだったの、いっぱい愛して!」と自分から服を脱ぎ始めた、

俺の理性は吹き飛んでいた、もう友人の事はすっかり忘れ、早く肉棒を舞の中に埋め込みたかった。


互いに裸になり舞をバックにした、舞は恥ずかしそうに腰をくねらせわたしのペニスを待っている。


もうトロトロになっている、蜜壺にペニスを擦り付け一気に押し込んだ舞の口から「ア〜ンッすごい!いいの〜」と突かれながら頭を振りロングへヤーを振り乱している。


舞は一気にアクメに昇っていく「アッイイ、イクよイクよ、ウッウッイク〜ッ」と腟がギューッと締め付けてきた、俺も子宮を突き上げ熱い精液を一気に舞の奥へ吐き出した。


舞から抜き取った愛液と俺のザーメンでヌラヌラしたペニスに舞の頭が被り舌で亀頭を舐め取り口の中へニュルッと入れて根元までくわえてきれいにしてくれた。


「かずさんごめんね、わたし奥さんの顔まともに見れないわ、でも後悔しないよ、かずさんの事好きだから」

「舞ちゃん俺もこうなりたいとどこかで思っていたんだ」

「ほんと!うれしい」

その後、2人で風呂に入り、明け方まで抱き合った。


昨夜久しぶりに友人宅へ招かれた、心苦しい気はしたが、友人と会うとニコニコして前と変わらない友人に少し安心した。


違ったのは奥さんの舞が、照れ臭そうに俺を見つめる目だった。

↑このページのトップヘ